スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こどもフォレストクラブ「戸渡でアート編」1

こどもフォレストクラブの第2回イベントが開催されました。
今回は戸渡にて開催。戸渡は川内村の隣。つまりいわきの端っこです。
本当に美しい森がありました。

午前中は、その「遊学の森」をいわきの森に親しむ会の方々と散策。
森に入る前から自然散策会が始まるくらい、豊かな自然があふれています。

IMGP1510_.jpg
いわなのいる川。
魚を探して盛り上がる。いっぱいいました。魚が。

IMGP1514_.jpg
ねむの木。ウド。
タネの季節。

IMGP1505_.jpg
うるし。何うるしだっけ?
触らないで!と再三言われたのに。少しかすった…
しかもヘクソカズラ(なんて名前付けるのよ…)に夢中になって。

IMGP1520_.jpg
もみの木の赤ちゃん

IMGP1530_.jpg

IMGP1504_.jpg
左上がマムシ草。
初夏に覚えた時には想像できなかった実。えぐいわー。
後は、山ブドウとリンドウと何か。

IMGP1542_.jpg
要潤のファンが多いです。まわりに。

IMGP1545_.jpg

IMGP1558_.jpg
水の源泉まで行きました。
水というのは、どこからかこんこんと湧き出るものだと思っていましたが、
そんなわけもなく。
降った雨の水がじわじわ葉っぱの層にしみて集まって、そして流れになるのです。
地下に勝手にたまっているわけでなく、めぐっているもの。

IMGP1568_.jpg
急こう配。70度はあった。(ないか)

IMGP1569_.jpg
その中の出会い!
素敵。杉苔。ふわっふわ。

IMGP1570_.jpg

IMGP1574_.jpg
さっきの要潤大のものがわっさと落ちていて
SFみたいでした。
実も大きい。
近くに栗の倒木があって、45年くらいこのままだね。と。
栗は腐りにくいので防腐剤なんかなかったころは家の土台に使っていたとか。勉強になります。
ん?貝泊でも聞いたかもしれない。栗の木の話。

IMGP1578_.jpg
右下のはっぱはすごい綺麗だったのに落として来てしまった。
がっかり。

IMGP1581_.jpg

IMGP1582_.jpg

IMGP1586_.jpg

IMGP1588_.jpg
朽ちていくものに芽吹きのチャンスを探すもの。
始めての秋の森だからか、戸渡の森が格別に良いのか。
いきものたちが生きている(当たり前?)な、感じがうれしくなるような森でした。

午後の部に続きます。

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
野口のタネ
伝統野菜や固定種の種

宮城県・女川町
おばあちゃんたちの手編み布草履

仮設住宅に住む女性たちの作った布ぞうり。

石巻工房ブランド
漁港が多い被災地が再び「大漁」となることをイメージしたバッグと1点物のポーチを販売。

東日本大震災・浪江町請戸の災害者応援Blog
2011年3月11日、東日本大地震の災害地である福島県双葉郡浪江町請戸の被災者を応援します。

天栄村・顔のみえる米づくり
ちょっとないくらい美味しい米を作っていた福島県天栄村。もとの農業を取り戻すために頑張っています。

愛する飯舘村を還せプロジェクト負けねど飯舘!!
健康と命。村が元に戻るとはどういう事だろう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。